1. HOME
  2. members
  3. 竹本忠雄(たけもと・ただお)

竹本忠雄(たけもと・ただお)

文芸・美術・霊性文化の領域での日仏両語の評論家、講演家。アンドレ・マルロー研究で国際的に著名。筑波大学教授を経て、同名誉教授。コレージュ・ド・フランス元客員教授。

1932年(昭和7)生まれ。東京教育大学・大学院修士課程で仏文学専修。日本の精神文化復興を標榜して二十歳代半ばに論壇に出る。1963年、仏政府給費留学生としてソルボンヌ留学。滞仏十一年間にパリの一流紙誌に評論発表、各地で特に駐仏日本大使館の文化技術顧問として講演と美術活動を展開。1974年5月、皇太子同妃両殿下(当時)へのマルローの御進講の通訳として、初めて両殿下に拝謁。ついで熊野と伊勢でマルローが啓示に打たれた光景を目撃。1988年、コレージュ・ド・フランス客員教授として招かれてこれを講述し(『アンドレ・マルローと那智の滝』ジュリヤール社刊)、同コレージュ創設者、フランソワ一世の「王の教授」(通称)メダルを授与される。出光佐三翁をマルローに紹介した機縁で、1978年、出光美術館で大規模な「アンドレ・マルローと永遠の日本」展を企画実現。1980年、仏政府より文芸騎士勲章。一九九五年、マルローのパンテオン奉祀祭にさいし、シラク大統領より「大証人」として招聘されて盛儀参列。今上天皇皇后両陛下の異例の御姿に感動し、皇后陛下の御歌に導かれて1990年代後半からその研究に入る。2001年、再渡仏して御歌の翻訳に着手し、お許しを得て2006年、御歌撰集『セオト −せせらぎの歌』仏訳を完成、パリ、シグナトゥラ社より刊行に至る。2004年一月、宮中歌会始の儀にお招きを受ける光栄に浴す。2007年末、5年余の第二期パリ生活を終えて帰国し、三田寺町に隠棲。自身の波乱に満ちた魂の告白録執筆をライフワークとして8年間を捧げ、昨年11月、『未知よりの薔薇』全8巻を刊行した。

貴重なお写真の一部をご紹介

フランスへ留学された当時の竹本先生(1963年頃)

パリ時代、黛敏郎、モーリス・ベジャールと共に

美術評論家として、シャガール宅のお庭にて

アンドレ・マルローとマドレーヌ夫人を熊野の那智の滝に案内した竹本先生

アンドレ・マルロー、川端康成と共に

禅の修行で師事した鈴木大拙をアンドレ・マルローに紹介

関連記事

もっと知らない世界へ!

日本文化サロンからの最新情報を
お届けします